ネットで見つけた民営の墓地の契約

私は今年には会社に勤務して25年目の会社員です。
私には妻と高校生の息子と中学生の娘がいます。
家族は13年前に購入した、一戸建て住宅で暮らしています。
私は高校までは実家で暮らしていましたが、大学に入学する時に両親の元を離れました。
実家では両親が暮らしていまししたが、10年前に父が亡くなり2年前には母親が亡くなりました。
兄弟がいなかった自分が実家の不動産を相続しました。
実家の住宅は古かったので解体して更地にしました。
その後には実家の不動産は固定資産税などを考えると、維持して行く事が難しいと考えて売却をしました。
実家の不動産売却は不動産会社にお願いして、売却先を探してもらい仲介して頂き、売却しました。
しかし田舎の実家には両親が眠る、お墓が残っていました。
私の暮らしているところから、車で3時間くらいの遠い場所にありましたので移設を考えました。
私は自分の住まいの近くで、ネットを検索して墓地を探しました。
ネットを探すと多くの物件が見つかりました。
その中で住まいの住宅からは、車は10分ほどの場所に民営の物件を見つけました。
永代使用料や管理費も他の物件よりとても安かったですし、見学させてもらう事にしました。
私は妻と二人でネットで見つけた、民営の物件を見学に行きました。
入口を入ると、木々が生い茂った緑のゆたかな場所にありました。
敷地の奥には管理人さんが、常駐していました。
管理人さんは墓地の販売と管理をしている、民営会社の方でした。
私は妻は敷地内を見学してました。
とても場所的にも近かったですし、環境も良いと感じました。
敷地内の物件の区画は何箇所か空いていました。
私たちは民営会社の管理人の方に、お話を聞きました。
管理人の方には永代使用料や管理費や、墓石の値段についても話を聞きました。
物件の永代使用料も他の場所と比べると、とても安い値段でしたし、管理費もまとめて支払うことが出来ました。
私たちは見学した物件を民間の運営会社と契約をすることにしました。
数日後には再度出向いて、民営会社と契約をして来ました。
そして新しく建てる墓石を決めて来ました。
私はすべてのお金をまとめて民営会社へ支払いをしました。
私は契約の時の永代使用料や管理費や墓石の資金は、実家の不動産の売却資金で支払いをすることが出来ました。
私は実家の両親の遺骨を民間会社と契約した物件に移設をしました。
田舎の既存のものは解体して処分をしました。
遺骨の移設の際にはお坊さんをお願いして、お参りをしてもらい納骨しました。
両親は今では私たちの住まいの近くで、二人で眠っています。
私は今までは実家には、一年に1度か2度ほどしかお参りに行けませんでした。
しかし今度は住まいからとても近いので、暇を見つけては両親に手を合わせに来たいと感じています。
私の両親も自分たちの近くに移設されて、喜んでいると感じています。
私は実家の不動産売却をして、住宅を購入した時の住宅ローンも一括で返済することが出来ました。
不動産や財産を残してくれた両親には、感謝しています。
私はこれからは移設した両親の眠るお墓を、末永く守って行きたいと考えていますし、子供たちにも守って行ってもらいたいと考えています。
こちらの墓地の探し方についても参考にご覧ください。

Copyright 2010 先祖の供養.com All Rights Reserved.